印刷 Eメール

◆受講生Gさん◆

 

第一回実技講習 栂池高原 2013.01.18-20

 

1日目

曇天の中、宿の近くの湿原にてビーコン練習を行う。まずは操作法を教えていただき、男女班に分かれて捜索実施。先生が埋めてくれたビーコンを探す。近くまではすぐに到達できたけど、その後正確な位置を探すのに手間取った。女性班は3名だったが、私はかなり落ちこぼれ気味、、ヤバイ、初日からダツラクか?

午後は模擬演習。先生の寸劇により幕は開ける。まずは半埋没で瀕死の先生を救助して状況聴取。ビーコン装着者1名と、ビーコン非装着者1名を探すことに。教えに従い、消失点と思われる場所から捜索。ビーコン装着者についてはなんとか発見、次にビーコン非装着者を捜索開始。こちらも講習内容に従い消失点と遺留品を結んだ線上を雪崩の終了点に向かって探し出す。とは言っても、ゾンデでの人海戦術なので結局タイムオーバー。総評で木の周り、雪崩終了点あたりが濃厚、と教えて頂く。なるほど、と思ったが正直ビーコン非装着者の救出は、現実的にはほぼ不可能と悟る。ありがたやビーコン。実技講習後、宿にて夕方からみっちり2時間S山講師による雪崩講習。皆かなりやばい状態だったが、平然と高いびきをかいていた受講生が1名いたことは伏せておく。夕飯時から盛大にお酒を頂き、2次会、3次会、なかなか終わらなかった(終わらせなかった)が、翌朝、顔色の悪いM橋講師とK田受講生については自己責任ということで。間違っても私のせいではありません。

 

2日目

栂池ゴンドラに乗ってゲレンデトップへ。ここから雪崩斜面についての説明を受けながら早大小屋の上までハイクアップし、CTの講習。ピット堀の実習をする。慣れてくれば10分以内、とのことであったが、先生に手伝って貰いながらも、ゆうに30分以上は軽くかかったと思う。スノーソーについては購入必須と認識。スキージャンプテストは顔色が悪いながらジャンプするM橋講師の実技を見学。それからゾンデ差し人体実験で人間をつついたときの感覚を実体験。座布団みたいと聞いていたが、そんな感じですかね?しかし顔面や首やら刺さりどころが悪いと、せっかく見つけてもアウトになるか?手加減が必要です。後半はまた模擬捜索講習。何も聞いていなかったので、子供の人形が現れたときは息を呑んだ。こんな小細工をされているとは恐れ入りました。やはりビーコン非装着者はまったく発見できず。持たない人は山に入るべからず。第一回講習会は覚えることが盛り沢山でした。

以上

【第4回実技講習 鍋倉山雪洞講習  2013.03.01-03】

 

1日目

雪洞はかなり久々だったので、行く前から大変楽しみにしていた。勿論講師プロデュースの夕食も期待満々。当日は天候も悪く時間の都合もあり、都立大山荘直上にて雪洞作成。3班其々個性のある雪洞が出来上がった。わがC班はH谷講師のもと、当初の目標である「大きな雪洞作製!」を班員が忠実に守った結果、無駄に大きすぎる雪洞が完成した。それほど大きな雪洞にもかかわらず、トイレが設置されなかったのはうちだけだったが、こういう時は体内予備タンクが出現することになるので、なんとかなるもの。雪洞のコツは、なるべくブロックで切り出すこと、と習う。なるほどこうすると排出作業がラクだった。そんな訳でやっぱりスノーソーが大活躍。必携です。約3時間の労働後、大邸宅で宴が始まる。H谷講師お得意の?網焼き大会。ピーマンが丸ごと食べられるとはびっくり。美味しかったです。網焼きってステキ!と思ったけど、テントでやったら大変なことになるか。大会も一段落し、ようやくS水講師プロデュースの中華鍋。中華鍋ってなんだろう??と思う方は直接講師にお尋ね下さい。野菜たっぷりでとっても美味しかったです。先生方、ご馳走様でした。暫し、ごま油談義。値段=味香りの良さと知る。いろいろ勉強になります。そしてまた網焼き大会が地味に再開。外は吹雪。襲撃者も、襲撃する気力も無く、パック酒と貝ヒモのもと、静かに夜は更けていくのでした。

 

2日目

雪は降っているものの、まあまあということで鍋倉山に向け班毎に出発。CTも実施。ピット堀もこれで4回目。多少手際よくなった気がしてウレシイ。沢沿いは危ないと言うことで、地図を見てコースを確認。GPSなるものを初めて見せて貰ったが、すごい!アナログ人間にはかなりびっくり。世の中進化していますね。ラッセル交代しながらボチボチ登っていく。途中アイスバーンもあり、頂上まであと少し?のところで時間切れ。うーん、残念。来シーズンリベンジしよう。CTをして、滑降開始。どこもかしこもパウダー!でみんな大満足だったが、雪洞掘りが尾を引いて、一人疲弊していた受講生は誰でしょう?さて早いものでもう講習も後半戦。ようやくゲレンデを離れた講習でした。やっぱり外は楽しいです。山は登って良し、滑って良しですね。

14 large